慶良間の海でマリンスポーツ

慶良間でダイビングをやってみよう! - アクティビティで楽しめる、慶良間諸島の種類

アクティビティで楽しめる、慶良間諸島の種類

慶良間と言えば、ダイビングなどのアクティビティが盛んで有名な沖縄にある島です。
人の住む島でビーチで海を堪能したり、無人の島でゆったりとダイビングを楽しむなど多種多様なことができます。
そんな慶良間ですが、小さな島が集まっていて、那覇から船で短時間で行けるところが多くあります。ぜひ、慶良間に行くことがあれば、アクティビティとして活用してみてはいかがでしょうか。

チービシ環礁の一番大きなナガンヌ島

慶良間入口にある、チービシ環礁。その広がる海域の中に浮かぶ三つの島があります。
最も大きいナガンヌ島は、以前は無人島でしたが、夏の時期など期間限定でステイプランで宿泊することができます。
特徴は自然が多く、海が透き通るほど綺麗なことです。他はクエフ島、神山島と合計で3島で構成されています。
ナガンヌ島以外は無人なので、ダイビングをスポットを探す際にもゆったりとできるのではないでしょうか。那覇からも船で近いことも特徴です。

美しいビーチがある座間味島

慶良間の中心に位置する座間味島。ある映画の舞台に使われた島で、ダイビングスポットとしても周囲に複数あります。
スポットとして挙げるのなら、初心者でも潜れるニタ洞窟や水中でウミガメが見れる儀名などでしょう。
阿真ビーチや古座間味ビーチなどを求めてくる方も多くいます。特徴的な生物はウミガメの産卵地としても有名で、砂浜に訪れるのを見ることができます。

人口も島の面積も最大の渡嘉敷島

nfdhr

座間味村と二分するもう一つの渡嘉敷島は慶良間の中では最大です。
ダイビングスポットは、激流のドリフトポイントである運瀬や海底に島と島を結ぶアリガーが近くにあるのも魅力的です。
ダイビングだけではなく、ビーチの近くではシュノーケリングが楽しめます。

どの島もマリンアクティビティに最適!

最高でも1時間でどの島にも到着できるので、沖縄に来た時に「慶良間ダイビングおすすめポイントで潜りたい!」と思ったら、気軽に足を運ぶことができます。
フライト当日や日帰りにも利用できるので、アクティビティを考えている方はプランにしてみてはいかがでしょうか。
慶良間でマリンレジャーを楽しむアクティビティはダイビングがおすすめです。
ダイビングの聖地とも呼ばれる慶良間は、沖縄本島の西に約40kmほどにある諸島で、マリンダイバーの中でも人気を誇り、初心者から上級者まで楽しむことができます。
また、慶良間諸島周辺にはいくつかのダイビングスポットが点在しています。
マリンレジャーでのアクティビティを始める際にダイビングポイントは複数あるので、迷ってしまいます。そこで、一押しのおすすめするポイントを厳選してみました。

人気のスポットとして世界的にも有名なアリガー

慶良間の渡嘉敷島西方にあるアリガー。
透明度は水深50〜60メートルと世界有数にも話題です。その美しい海からも「ケルマブルー」とも呼ばれ、初心者から上級者まで楽しむことができます。
主にスズメダイやハナダイなどが群れで泳いでいるのを水中で見ると、思わず魅了されてしまいます。また、アリガーは三つのスポットに分かれ、北と南、それと「アリガーケーブル」と称される誘導線があります。アリガーケーブルを辿っていくと、ガーデンイールを見ることも。

高確率でウミガメに出会える儀名

hnhrtrs

儀名と呼ばれるダイビングスポット。
アオウミガメに出会える確率が高いとされ、人気があります。夏の季節にはマンタが泳いでいるので、シーズン毎に楽しめるのも特徴的です。
水深8〜18メートルで、流れもほとんどないので初心者にもおすすめです。魚影が多いので、水中は心が躍るように光景に魅了されるに違いありません。
儀名は慶良間の阿嘉島という場所の北側にスポットとして潜ることができます。

地形がポイントのウチャカシ

座間味島北部にダイビングポイントウチャカシは、魅力的なのは主に水中にある地形。
遺跡のような地形、巨大な水路などをカスミチョウチョウウオが群れで見られ、回遊魚の姿やサンゴも美しいです。
地形と生物を楽しめる、一石二鳥のスポット。どちらも見たいという贅沢な方におすすめです。ちなみに水深は約25メートルです。中級者以上となりますが、一見する価値は多いにあると思います。

まだまだ多くあるダイビングスポット

慶良間には上級者でないところや初心者でも潜ることができるスポットは複数あります。様々なところを潜ることによって、スポットによって個性が光るものです。
また、目的や用途によってもダイビングの楽しみ方があるでしょう。
そこでしか見られない生物などもいるので、マリンレジャーのアクティビティをする際はぜひ探してみてはいかがでしょうか。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

2015/12/16

ダイバーが慶良間の座間味島で観光するときの楽しむ方法の情報を更新しました。
2015/12/16

シーウォーカーとは?の情報を更新しました。
2015/12/16

シーウォーカーの料金相場や営業期間等についての情報を更新しました。
2015/12/16

シーウォーカーをする時の条件はあるの?の情報を更新しました。
2015/12/16

ダイビングと飲酒の関係性の情報を更新しました。

アーカイブ

慶良間スポーツ