慶良間の海でマリンスポーツ

慶良間でダイビングをやってみよう! - ダイビングと飲酒の関係性

ダイビングと飲酒の関係性

ダイビングをする時と言うのは、思ったよりも体には疲労感を伴い、その反面、気持ちの上ではワクワクしたり、癒されたりして思わず、ビールの1杯も飲みたくなるものです。
慶良間等の美しい海でのダイビングなら尚の事そんな気分になりがちだと思います。
翌日にダイビングを控えている時でも同様の気持ちになる事があると思いますが、飲酒はダイビングとどのような関係があるのでしょうか。

飲酒とダイビングの関係性

飲酒に関しては、基本的には自己管理の元で飲酒する事が望ましいと言えます。
絶対にダイビングの前日に飲酒してはいけないと言う規則はありませんし、かと言って大量の飲酒をして良いと言うものでもありません。
ダイビング当日になって体調がベストコンディションで居られる程度の飲酒なら差支えないと思いますが、出来れば控えめにしておく事がお勧めです。
飲酒によって寝不足になる事も考えられますので、飲酒は出来れば早めの時間で切り上げて、十分な睡眠を摂るように心がけたいものです。
睡眠不足の状態でダイビングをすると言う事は、実は非常に危険で、注意力が散漫になったり、体力的にも必要以上に疲れやすくなる可能性があるのです。
こうした意味から、飲酒は控えめ、十分な睡眠を摂ると言う事の前提であれば、少量の飲酒はかえって体に良い効果をもたらすものとなるでしょう。

飲酒とダイビングの関係性のまとめ

ついつい楽しい気分で飲みたくなるのがダイビングです。
特に慶良間のような美しいダイビングスポットで潜る予定なら、気持ちもワクワクして良い気分になりたくなるものです。
ですが、適量を守り、翌日にベストコンディションで潜れるよう、自己管理をしっかりとしておく事が重要なのです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  

アーカイブ

慶良間スポーツ